郡和子のコラム

2005年11月27日(日)

無責任の輪

あの姉歯設計事務所が関わった耐震強度偽造事件は連日大きなニュースとして報じられている。

残念ながら姉歯事務所に構造計画を発注した事務所の代表が自ら命を絶ったことがわかったが、姉歯設計士が取材に応じている様子からは、申し訳ないというような態度は伺えない。
腕のいい建築士として名を馳せていた。コストを削減する施工主からの命題に見事に応えていたのだろう。

施工主は?

いずれも、競争に打ち勝つためコストを絞り工期を短縮して事業を拡大、その要請に応える姉歯事務所は救世主だったのか。しかし、長年の経験から基準法を満たしていないと工事に従事した人たちは気づかなかったろうか。
代償は大きい。

構造計画書を元に建築確認をした検査機関は?

偽造は巧妙だったとして過失はないと主張。

行政も、「民に出来ることは民に」のスローガンで、民間に法令に即した審査を任せていた。
指導を徹底する、告発もする、という。
民間に任せていないところでは行政の検査もずさんだったことが判明。
民におろした事だけが問題ともいえない。そもそも検査資格を持つ建築士の数が少ない。

関係する業者から献金を受けていた政治家の名前も出てきている。 
加えて、自民党の武部元幹事長の発言はなんということだろう、被害者の立場を分かっていない。

無責任の輪が大きく広がって、被害者は外に置かれている。
民主党として対応をきっちりさせよう。国の責任をはっきりさせよう。

ところで、姉歯氏が宮城県の出身だったと知って、加えて、ヒューザーの小嶋社長も同郷だと知って、複雑な思いだ。


2005年11月26日(土)

女の名前

先日園遊会に出席させていただいたときのことだ。

受付で名札を渡された。
夫と一緒だったのだが、私の名札は「衆議院議員 郡和子」、夫は肩書きなしのフルネームであった。

男性の同僚議員と挨拶すると、お連れ合いの名札には「○○夫人」とある。彼女の名前はない。
さすが宮内庁!(?)と関心もしたが、なぜ、こうなるのだろう?

女の名前は、結婚をすると無くなってしまうに等しい。
だれそれさんの妻、子どもが出来れば○ちゃんのお母さん、さまざまな書類にも、夫の名前を書くことが多いのではないか。

以前地元の新聞に寄せていたエッセイの中で、同級生と知らず「はじめまして」と電話した話を書いたのだが、結婚して姓が変わった同級生を、なかなか本人と確認するのは難しくなる。
それまでのネットワークが途切れてしまうことも多いのだ。
しかし、夫婦別姓を認める法律は、なかなか成立させられない。

今、皇室典範を女系容認の方向に改正する案が有識者会議から報告されたが、これについても、これから紆余曲折ある、かもしれない。

こと、女の権利に関する問題は、日本では手強い。


2005年11月10日(木)

与党の議席3分の2がもたらすもの

昨日、小泉総理大臣の所信表明について感想を書きました。

中で、全員そろった拍手と掛け声に驚いた旨を書きましたが、改めて、議席の3分の2を占める与党の多さを、脅威に感じました。

選挙後から、与党へ今回の議席を与えたことについて、さまざま意見がマスコミに取り上げられていますが、ご承知のとおり、この数は、なんでも法律を通してしまう力です。

ここでおさらい。
憲法の第4章、国会にかかわる条文をご紹介しましょう。

第五十九条【法律案の議決、衆議院の優越】

2 衆議院で可決し、参議院でこれと異なつた議決をした法律案は、衆議院で出席議員の三分の二以上の多数で再び可決したときは、法律となる。

これがそれにあたります。
この他にも、実はとても大きな民主主義を揺るがす怖さをはらむ数なのです。

第五十七条【会議の公開、秘密会】

1 両議院の会議は、公開とする。但し、出席議員の三分の二以上の多数で議決したときは、秘密会を開くことができる。

国会の議論は、主権者である国民に公開するのが原則で、情報を提供するのが議会民主主義の前提条件であると思います。

現在まで秘密会は開かれたことがありませんが、ひたひたと、恐ろしさを感じている皆さんが多いのではないか。実は、私も、そんな恐ろしさを感じています。

そして、

第五十五条【議員の資格争訟】

両議院は各〃その議員の資格に関する争訟を裁判する。但し、議員の議席を失はせるには、出席議員の三分の二以上の多数による議決を必要とする。

第五十八条【役員の選任、議院規則、懲罰】

2 両議院は、各〃その会議その他の手続及び内部の規律に関する規則を定め、又、院内の秩序をみだした議員を懲罰することができる。
但し、議員を除名するには、出席議員の三分の二以上の多数による議決を必要とする。

 つまり、議員をやめさせることもできちゃうんです!
もちろん、資格に値しない議員がいるとしたら、それは仕方がないことかもしれませんが、その理由について、有無を言わさず、も、可能だ、ということも忘れてはなりません。

国民の皆さんは、郵政だけでなく、そのようなことも含めて審判を下されたのかどうか。
与党の暴走を絶対に許さない目を、国民の皆さんに持っていただき、厳しいチェックをお願いします。

もちろん私たち野党議員を先頭に。


コラムカレンダー

  • 11

    << November. 2005 >>

    S M T W T F S
    « 8月   1月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • 月別アーカイブ