郡和子のコラム

2008年06月24日(火)

2008年通常国会を終えて

2008年の通常国会も6月20日幕を閉じました。
衆参与野党逆転の国会は、とても緊張に満ちた国会だったと思います。

十分な審議もなされず強行採決が続いたこれまでと比べ、今回の国会は、法案の成立率は8割に届かず低調と報じられましたが、それは、ようやく審議が活性化し政府提出案の問題点を洗い出せたからに他なりません。

私たちが主導権を握り成立させた議員立法は被爆者援護法の改正や介護職員人材確保対策、ハンセン病対策など17本、よりよい形で審議できたことは評価に値すると自負いたします。

何より、一番の成果は、道路特定財源の問題、・暫定税率の問題で、徴収された税金の使い道について皆さんに問題提起をさせていただいたことだと思います。
一時的とはいえ、暫定税率を撤廃させガソリンの値段を下げたこと、政府に一般財源化の方針を余儀なくさせたことは、大きな成果でした。
また、小泉政権下で強行採決された後期高齢者医療制度では、全国の高齢者の皆さんから不安や不信や不満が噴出しました。
5095万件の宙に浮いた年金のうち、わずか500万件しか持ち主がわからないのに、これまで以上の保険料が年金から天引きされ、差別医療が持ち込まれた制度に、山口の補欠選挙や沖縄の県議会議員選挙で、はっきりと「ノー」の声が上がったにもかかわらず、福田総理はだんまりを決め込み、参議院で廃止法案が可決され、さらには現憲政史上初めて問責決議が可決されたことも無視し、政権維持に余念がないことについて、怒りを通り越し呆れてしまうばかりです。

国会を終えた6月21日に、仙台市内で宮城県第1区総支部大会を大勢の党員サポーターの皆さまとともに開催させていただきました。

大会の冒頭、6月14日発生した岩手・宮城内陸地震で亡くなられた皆さんに黙とうをささげ、議事に入らせていただきました。
総会後は、岡崎トミ子県連代表にもご挨拶をいただき、次の内閣年金担当大臣・党政調会長代理の長妻昭衆議院議員を迎え「霞が関を斬る」と題して講演会を開催させていただきました。
官僚内閣制の限界、長期政権の腐敗を炙り出した国会を振り返り、ご参集いただいた皆さんと活発な意見交換をし、「政権交代」へ向け思いを一つにしたところです。

(なお、総会の会場に、地震の被災地に入り視察させていただいた被害状況の写真なども展示し、義援金のご協力も呼びかけさせていただきました。多くの皆様から24,015円のご協力をいただきました。県連を通して集約し被災者の皆様へお渡ししたいと思います。)

ところで、福田総理のもとまとめられる「骨太方針2008」の素案は、1)日本経済の課題と改革の視点、2)成長力の強化、3)低炭素社会の構築、4)国民本位の行財政改革、5)安心できる社会保障制度、質の高い国民生活の構築、6)2009年度予算の基本的考え方、という全6章で構成されていますが、中身は相変わらず格差を是正するどころか階級社会を定着させ、さらに消費税の増額への道筋を作っていこうというものに他なりません。
官僚に甘い、身内に甘い、とのそしりを免れません。

自由市場の経済政策が優先されてきたことで、秋葉原の事件の背景にある雇用環境の問題も看過できなくなっています。社会保障のセイフティネットの穴が大きくなるばかりで、階級社会が形成されてしまったことに的確な対応ができない政権は、もはや限界ではないでしょうか。
政治の転換点である、そのことを再確認し、来るべき総選挙へ向け政策を積み上げてまいります。


コラムカレンダー

  • 6

    << June. 2008 >>

    S M T W T F S
    « 5月   7月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 月別アーカイブ