郡和子のコラム

2008年08月20日(水)

大野病院事件判決

注目の判決が出ました。

福島県立大野病院で、帝王切開手術を受けた女性が2004年12月に死亡した事件で、業務上過失致死と医師法違反の罪に問われた産婦人科医に対する判決です。

「無罪」でした。

今年3月の論告求刑公判では検察側が、禁固1年、罰金10万円を求刑していましたが、弁護側の完全勝利といってもいい判決が福島地裁で言い渡されました。
全国から傍聴券を求め多くの方々が詰めかけたと聞きます。

この事件をきっかけに産科医不足に拍車がかかり全国で赤ちゃんの産める病院が激減、医療そのものが委縮し医療崩壊が進むと、医療従事者から大きな声が上がりました。
一人医長体制で出産から何から何まで責任を負わざるを得なかった体制の問題も大きく報じられました。
医療は危険と隣り合わせで、最悪の結果を避けられない場合もあります。
過失はなかったとの判決に、医療関係の方々はみなホッとされた様子でした。

一方、被害者遺族の方は、真実を知りたい一心で公判に足を運び、亡くなったことが納得できたのかどうか、無罪判決に無念さをにじませながら「今後に生かしてほしい」と会見で述べられていました。
最悪となった結果を、どのように患者遺族に説明したのか、医療者側の誠意が伝わらなかったからこその刑事裁判だったのでしょうから、その心痛も伝わってきます。

国は今、医療事故の究明のための第3者委員会設置へ向けた法案の準備を進めていますが、いまだに議論は暗礁に乗り上げている状況です。

党内でも政府試案に対する議論を行い、納得と究明のためのより良い案を練っているところです。
個人的には、今回の事件で医療界がこぞって壁を高くし検察へ十分に協力したのかどうかは、ちょっと疑問が残る部分もありました。警察が入って突然の逮捕ということの衝撃が強かったからでもありますが、医療界はもっと自浄作用を高め透明性を図る努力を怠ってはならないと思っています。

その上で、患者も医療者もともに不幸にならない納得の医療構築のために、原因を解明して再発を防止するための機関の設置が必要でしょうし、法整備を急がねばならないのだと思っています。


コラムカレンダー

  • 8

    << August. 2008 >>

    S M T W T F S
    « 7月   9月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 月別アーカイブ