郡和子のコラム

2008年09月02日(火)

福田総理突然の辞任を受けて

「時のいうことをよく聞け。時はもっとも賢明なる法律顧問なり。」
これは古代アテネの政治家ペリクレスの言葉です。

突然の福田総理の辞任。
福田さんにとっての「時」とはいったい何だったのでしょう。
政権をともにする友党の声でしょうか、それとも自民党内の声だったのでしょうか。
いずれにしろ、国民の声を聞いてはいない…、昨日の記者会見を見ながら感じたことでした。

総合経済政策が打ち出され、臨時国会の日程も決まって、さあこれから国会で徹底討論だと背筋を伸ばしおなかに力を入れたところでいきなりの肩透かし。
この国のトップが二人続けて突然辞任するという現実は、なんとも「恥ずかしい」ことだと思います。
日本の政治の信用は地に落ちたと、政権党は知るべきです。

福田さんは昨年の9月、安部さんから総理を引き継いだ時にすぐにでも解散をすべきであったのであって、その「時の声」を聞かなかったために傷をさらに大きくしたのでしょう。
いわば、それ以後は、いつでも辞任はあり得る状況だったのであり、いまさら驚くことではないのかもしれません。さらに言えば臨時国会や通常国会での私たちの追及の効果がやっと現れただけのこと、だったのかもしれません。
もはや政権担当能力のない烏合の衆。

自民党は、これから新総裁選びでどのようにショーアップを図って支持を取り戻そうかと躍起になられると思いますが、今、自民党の顔が据え替えられても、衆参与野党逆転の状況が変わらない以上、新しい方も(たとえ国民的人気があるといわれる方でも)難しい舵取りです。
加えて国民に信を得ない総理大臣が三人も続くはずもありません。
つまり、どなたもが想像するように、解散は近づいた、と、はっきりしました。

冒頭の「時のいうことをよく聞け。時はもっとも賢明なる法律顧問なり。」
この国のリーダーが聞く声は、いや、政治に携わる一人一人が聞く声は、自民党内の政権延命の声ではもちろんなく、党利党略でないまさに山積する国内外の「時の声」です。
暮らしのひずみを抱える国民の声です。
格差であえぐ国民の声です。
今この時に急がねばならない政策はおのずと見えてきています。

野党に政権を譲って選挙管理内閣を組織し、1日も早く解散総選挙で民意を問うべきだ、という今日の朝日新聞朝刊一面の記事は、まさにその通りだと思います。

一日も早く。
そして、政治への信頼を取り戻したいと思います。


コラムカレンダー

  • 9

    << September. 2008 >>

    S M T W T F S
    « 8月   10月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • 月別アーカイブ