郡和子のコラム

2008年11月30日(日)

年末に向けた非正規雇用者への対策

第2次補正予算の提出見送りを麻生総理は初めての小沢代表とのQTクエスチョンタイム・党首討論で改めて表明しました。

10月30日の景気対策発表時、また第1次補正が通過した後に、年末にむけてが心配だからスピーディに景気対策をやろうと言った同じ総理が、今度は年末については第1次補正でもう十分だといい、1月に第2次補正を出せばそれで間に合うとおっしゃったのですから驚きでした。

年末にかけて心配なのは、やはり中小企業の倒産、さらにはリストラによる雇用不安です。
特に派遣や請負で仕事をしながら寮で生活をしている人が、仕事がなくなると同時に住む場所もなくなる
という事態が次々明らかになっていますが、この年末、更に広がることを、なんとしても食い止めなければなりません。
11月25日現在で厚生労働省が把握しているだけで、10月からの非正規労働者の雇い止めは、47都道府県で30、067人。宮城県内でも1200人を超える方が仕事を失っています。

政府・与党が第2次補正予算を先送りして来年1月に回すという状況の中で国会の延長が決まったわけですが、それは本来2次補正を議論すべき時間だと思っています。民主党は、年末を乗り切るための景気対策・経済対策・雇用対策の法案を出していくことを決めました。

私は「非正規雇用対策プロジェクトチーム」事務局次長として雇用対策を担当します。

当面の緊急雇用経済対策として私たちは(1)派遣労働者等の契約停止に伴う就労支援のための住宅・生活支援、(2)雇用保険をはじめセーフティネットの充実、(3)採用内定取り消しに関する対応、(4)派遣労働者に関する事項、(5)期間の定めのある雇用契約に関する事項、(6)短時間労働者に対する待遇の差別的取り扱いの禁止に関する事項、(7)マルチジョブホルダー(多重就労者)に対する労災適用や労働時間管理、雇用保険等社会保険適用の整備に関する事項、(8)経済的従属関係にある労働者(偽装雇用)に関する事項、を検討していくことを確認しました。
特に「ハウジングプア」対策、公費による補足的失業補助制度の創設、雇用保険制度の改革などを視野に、社会的セーフティーネットの再構築に向けて作業を進めていくつもりです。

ところで、すでに今、社会保障・福祉のセーフティネット・最後の砦が「刑務所」になっている状況だとの指摘があります。先日公表された、2008年度版の犯罪白書、特集は高齢者の犯罪の増加で、高齢者の犯罪の半数以上は軽微な犯罪「万引き」、背景には、生活の不安定や孤立があることが示されていました。

生きるために犯罪の汚名を着てもでも「そこ」に行きたい…、行かざるを得ない、ということでしょうか。
政府の福祉政策の無策としか言いようがありません。
政治家として申し訳ないことだと思います。
年金問題を含め福祉政策、社会保障を根本から作り直さなくてはなりません。

まずは、仕事を失い住むところを失った人たちがそこへ逃げ込まざるを得ないようなことが起きないよう、スピーディに対策を講じたいと思っています。


2008年11月22日(土)

今こそ皆さんの声を力に

<自民党機能不全>

麻生総理の失言、政策での迷走は、総理の器、総理の資質という面で、自民党内からも疑問の声が上がっています。このことを総理自身、また官邸はどう受け止めているのでしょうか。
「国民的な人気」といわれるものに乗っかって自民党の議員が選んだ麻生総理のはずでしたが、僅か2ヶ月で、支えていこうという姿は見えなくなってしまいました。
「総理の器」ではなかった人を選んだ与党の議員のみなさんはその責任を忘れ、なんやかやと国会内での発言がかまびすしくなっている様子を見ていると、まさに自民党は機能不全状態だと肌で感じてしまいます。

<政治空白>

政局より政策だと一日も早い経済対策を打つとしながら、第2次補正予算案の提出は先送りするとのこと。その理由を、総理は「常識的な範囲での審議が保証できるどうかわからない」としていますが、「常識的な審議をきちんと行い、常識の範囲内で、成立、結論を出す」と、賛成はできないとしながらも、小沢代表は先日の党首会談で、責任をもって必ず審議するとの意向を表明しました。
各省庁も総理の指示を待っていますが、一向にその指示が下りてこないと役所がぼやいています。
政治空白を作らないと麻生総理はかねてから主張されているのですから、これ以上の政治空白を作らないためにもこの国会で2次補正予算案を出すべきではないでしょうか。

<国民不在>

日に日に厳しさを増していく経済状況。
派遣やパートといった非正規雇用者の契約打ち切りが大規模に進められ、来春の内定者へ内定の取消し通知が送られ始めています。正規雇用者のリストラも、賃金のカットも続出しそうです。
明日のくらしへの不安を増幅させたままで、ホテルのバーや外交日程に逃げ込む麻生総理の耳には、国民の皆さまの声が聞こえているとは思えません。
国民不在の政治状況を変えたい、そう思うのですが、いかんせん、解散権は麻生さんの専権事項です。

<今こそ皆さんの声を力に>

こんなことはいまだかつてなかったことだと思います。政治が空中に漂うだけ。何と情けない、いや、申し訳ないことです。
政治を動かすのは国民の皆さまの声の力だと信じます。
この政治空白を一日も早く終わりにして、この間作られた階級社会の鎖を断ち切り、くらしの改善を図って安心できる社会を、誰もが主権者を実感できる国を、今日より明日がよくなる、そんな日本をつくるために、お力をいただきたいと思います。


コラムカレンダー

  • 11

    << November. 2008 >>

    S M T W T F S
    « 10月   1月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • 月別アーカイブ