郡和子のコラム

2009年07月16日(木)

トリニティ実験から64年

1945年7月16日、ニューメキシコ州アラモゴードで世界初の核実験が行われた日です。
それから64年がたちました。
実験コードネームは「トリニティ」。爆弾コードネーム「ガジェット」(長崎に投下された「ファットマン」と同型のプルトニウム弾)です。

ところで、この実験のマンハッタン計画に関わった科学者グループのなかの一人、レオ・シラードが、日本に対する原爆の投下は重大な誤りだとするトルーマン大統領あての嘆願書をまとめていたことを改めて知る本に出会いました。
それは、2007年、アメリカのペンクラブが2年ごと最優秀ノンフィクション作品に授与する「ガルブレイス賞」を受賞したジェームズ・キャロルの書いた「戦争の家=ペンタゴン」です。(翻訳は仙台在住の大沼安史氏です。)

その本の中で、キャロル氏は、「自然の物理的な力を、破壊目的で解き放つ前例を作った国は、想像もつかない破壊の時代の扉を開いた責任を負うことになるだろう」という原爆による奇襲攻撃を阻もうとした「シラードの嘆願書」がトルーマン大統領へ届かなかった背景や、また、キョートが標的から外された経緯、原爆攻撃の真の目的について、様々な人々の証言をもとに論述しています。

更に、ペンタゴンが、第2次世界大戦、原爆投下、核の支配、冷戦を通じ、いかに権力を集めていったか、また、その後アメリカの戦争についてと、その力に歯止めをかけようとして挫折した多くの人たちの証言の記録です。

そのアメリカでオバマ大統領が誕生し「アメリカは核兵器の脅威を減らし、最終的にはなくすために、ロシアや各国と協力しながら指導力を発揮することが求められている」と、核兵器廃絶をめざす決意を示したことを嬉しく思いました。
そして、先日のイタリアサミットでは、核実験全面禁止条約(CTBT)の早期発効に向けた努力を促し、核兵器に使われる高濃縮ウランやプルトニウムなどの生産禁止をめざす「兵器用核分裂性物質生産禁止(カットオフ)条約」の早期の交渉開始が決められたとのニュース、とても嬉しくそう進めるべきと思いましたが、唯一の被爆国として日本がもっと強力にイニシアチブを取るべきだったと、麻生総理の存在感の薄さを残念にも思ったものです。

今後は核兵器廃絶のための国際交渉の実現に向け、世論と運動をいっそう盛り上げることが求められるでしょう。頑張らなくちゃと思います。

また、広島・長崎の被爆者の皆さんに、被爆者援護法の理念にのっとって救済を進めること、今の原爆認定制度の不適切な部分を改めること、被爆者の高齢化が進む中、もう待ったなし早期の解決が必要とこれまでも政府に働きかけを繰り返してきましたが、まだ、前進には至っていません。これも力を注がなければなりません。

もうすぐまた、原爆の日がめぐってきます。
仙台でも20日、宮城県の原爆被害者追悼平和記念式典が予定されています。

ここにきて浮上した資料のあるなし、廃棄したしないの日米での核密約問題も含め、是非政権を担わせていただいたなら、建て前でない本音の議論ができる、そして、平和を守る命を守る、そんな政治にしてゆきたいと思います。 

トリニティ実験から64年目の誓いです。


2009年07月15日(水)

総選挙まで一ヶ月半

麻生総理が21日の週に衆議院を解散し、総選挙を8月18日公示30日投票と発表しました。
事実上、任期満了に限りなく近い「追い込まれ解散」です。
都議選での歴史的惨敗から党勢を立て直す時間がほしいのでしょう、投票日までの異例の長さも際立ちます。

昨日14日は、衆議院では内閣不信任案の採決が行われました。
提出者を代表して鳩山民主党代表は、麻生総理の姿勢を「選挙から逃げ続けた10ヶ月だった」とし、「『政局より政策』と言いながら自身の権力の座を守ることに執心してきただけだ」と断じました。
本当にそうです。
この間、麻生内閣は「100年に一度の経済危機」として、湯水のように貴重な税金を浪費する4つの予算を次々組みましたが、果たして国民生活や日本経済にとってプラスになったでしょうか?

名古屋、さいたま、千葉、静岡、奈良の首長選挙で、私たち民主党が推す候補が当選、そして、都議選でも大勝利をおさめさせていただきましたが、これは、それぞれの地域の課題もあるでしょうが、経済への閉塞感と暮らしにくさ、将来不安の増幅、自分たちが望んでもいない政策のために、子どもや孫たちに借金をし一人一人に消費税の大増税を強要することへの怒り、つまり、麻生内閣、自公政権そのものに対する不信任、それが地方の選挙結果に表れたのではなかったでしょうか。

折しも、今日の日経新聞は、中小企業経営者調査で国内景気が悪化・悪化の兆しと感じる企業が41%と改善26%を大きく上回ったことを報じています。
日本の企業の99%以上が中小零細企業、大手では改善傾向にあるといわれますが、実態は依然厳しく改善の兆しさえ見えません。
雇用状況をみると、完全失業率は5月全国平均5.2%、宮城は6.2%に上昇しています。有効求人倍率は全国平均0.44、宮城は0.38に悪化。まだ出口の見えない暗いトンネルです。

なぜ打ち出された景気、経済対策が、効果が低く満足のいくものにならないのでしょうか。
麻生内閣が延命する間に、実質GDPの成長率はマイナス14.4%と、かつてないデフレへの危機感を高めたのはなぜでしょうか。

陳情を受けるだけでつとまる政治家「行政的政治家」と政策企画を断行する官僚「政治的官僚」。
官僚が国会と内閣までコントロールする大きな力を持ち、政治家は、あえて使命感も責任感も持ち合わせなくともお飾りで務まるものになり、いいえ、そのほうが、官僚に都合よく、財界にも都合よく…。
つまり、長年の政権は、政治を政治として機能させる「術」を忘れてしまったのだと思います。
自公政治は、故に、政治主導で景気対策を何も決定できず有効な手だても打てない、そして、この危機にも悪循環に陥ってしまっていると言えるのではないかと思います。

麻生総理の資質もさることながら、この根本の問題を解決するには、政権を変えるしかありません。
しがらみのないものが政権につき、官僚主導から政治主導に変えていくのです。

ところで、昨日は、自民党内で「麻生おろし」のマグマが沸点に達しようとしているのに、内閣不信任案には誰ひとり造反することなく反対票が投じられ否決されました。面白いものです。
しかし、麻生総理の解散予告通りこれでいよいよ解散、総選挙に入ることになるのかと思ったら、その前に自民党の古賀選対委員長が辞任を表明。何があるか分からない。
またもやグロテスクな権力延命維持装置を見つけようとするのかもしれません…。


2009年07月02日(木)

「差別と日本人」の読後感想を含めて

「差別と日本人」
角川書店からこの6月に出版された辛淑玉さんと野中広務さんの対談を柱にした本のタイトルです。

部落差別の歴史や在日の人々の差別、戦後処理の問題、様々な出来事の背景にあった差別問題がつぶさに示されこの本を通して、なぜこの国にいまだ差別がなくならないのか、あらためて考えさせられています。

政治家・野中広務氏と、論説者・辛淑玉氏が、それぞれご自身の出自による差別の実態を赤裸々に語り、日本の人権意識を問うています。

辛さんのまえがきにこんな一文がありました。
「差別は、いわば暗黙の快楽なのだ。~不平等な社会では差別が横行する。そして、あたかも問題があるのは差別される側であるかのように人々の意識に根付き、蓄積されていく。時の権力は、権力に不満が集まらないようにするためには、ただ、差別を放置するだけでいい。そうすれば、いつまでも分断されたシモジモ同士の争いが続く。」

ところで、今日本のトップリーダーである麻生総理が、2003年「創氏改名は朝鮮人が望んだ」と発言したことが問題になったことを覚えているでしょうか。
日本人はすぐ忘れるというか、差別を差別と認識しないというか…。

もう、ずーっと前、私が小学校6年生の時だったでしょうか。
同じクラスで仲が良かったお友達が転校することになりました。
彼女はお別れのあいさつで「私の本当の名前は○○ではありません」と、突然、朝鮮の本名を名乗りました。驚きました。
が、のちになって、彼女がどんな思いだったかを想像し、胸が痛みました。
創氏改名は日本の植民地支配の結果もたらされたもので、いまだに、在日の皆さんの間では、日本で生きていくための呪縛のようなものになっていると、そう思います。生きにくさが少しでも楽になるように。
麻生さんの発言は、許しがたいものでした。
しかも、歴史認識を誤っていて、世界に恥ずかしいと思いました。

これだけではありません。
先日、第2次大戦中、麻生財閥の企業の一つ、麻生炭鉱で強制労働をさせられた連合軍捕虜の当事者・家族が謝罪を求め来日し、国会内でお話を聞かせていただきました。
実はこれまで、日本政府、麻生総理は、捕虜の強制労働は事実でないと強弁して来ました。
しかし、厚生労働省の倉庫からその事実を示す資料が出てきたのでした。
そのことが元捕虜たちの来日につながったのですが、麻生総理は彼らと面会することもなく、ましてや謝罪することもありませんでした。
麻生炭鉱では、強制連行してきた朝鮮人も強制労働させ、消耗品の労働力として命を紙屑のように扱い、その数は一万人を超えるとされています。
賠償はいまだなく、遺骨さえ戻っていない人たちも大勢います。

また、上述の辛さんと野中広務さんの対談の中では、麻生さんが「野中やAやBは部落の人間だ。だからあんなのが総理になってどうするんだい」と、党内の会合で発言したことについても詳しく書かれています。
野中さんは「何の疑問もなしにそう言うんだ。不幸な人だ。」そう、辛さんに話しています。

麻生さんの言葉や差別意識が日本で許容されているのはなぜでしょうか?

辛さんのあとがきに「DAIGOのように、野中氏のお孫さんがテレビで祖父の名前を七光として活用できる社会は、残念ながらまだきていない。」とありました。

差別を造り出す、差別に無頓着になっている、弱い人たちや虐げられている人たちへの鈍感さは、やはり政治の責任だと思います。
政治家こそ、差別に敏感であらねばならない、また、政治こそ、その差別に対応しなければならない、そんなことを強く感じさせられる本でした。

私が国会の中で、このところ強く思うのは、理屈や理性というよりも感情で、しかも、声の大きなところへ迎合するように行動する政治家が多いのではないかということです。とても危険なことと思います。
声を出せずにいる人々への目線、日常化している差別を表面化する作業を避けない姿勢、これを持ち続ける政治でなければ、日本は良くならないでしょう。

そして、改めて言うまでもなく、麻生さんをトップにおいていては日本の人権意識は上がりません。
一日も早く退陣願いたい。

7月3日、衆議院を通過する予定の水俣病の新しい救済法案も、家族を含めた差別を避けるために認定を受けずにきた被害者の皆さんに届けたいと思いますが、本来であれば、解散前に忙しくではなく、選挙後、じっくりと議論したかった、すこし、残念であることを、添えさせていただきたいと思います。


コラムカレンダー

  • 7

    << July. 2009 >>

    S M T W T F S
    « 6月   8月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 月別アーカイブ