郡和子のコラム

2009年11月28日(土)

「事業仕分け」と「決算行政監視委員会」

「流行語大賞」、毎年12月上旬に発表になる予定ですが、さて今年はどうなるでしょう。
すでに60のワードがノミネートされています。
ご存知の方も多いと思いますが、その中のひとつに「事業仕分け」が挙げられています。

9日間に及んだ鳩山内閣の「事業仕分け」には、およそ1万4000人が実際に会場に訪れこの作業を傍聴したということで、皆さんの関心の高さを改めて感じました。

そもそもその事業は必要なものかどうか、その事業の中に無駄はないか、外部の視点も入れながら、必要ならばどこがやるのか、官か民か、国か地方か、公開の場で、一つ一つの予算項目ごとに議論していくのです。
予算編成の成り立ちを可視化し、慣行で行われていた事業の無駄をあぶり出していく…。
いくら予算を削減できるかどうかよりも、その作業の議論の過程こそが、最も皆さんに知っていただきたいことだったと思います。

この「事業仕分け」は、2002年、行政改革をめざす「構想日本」の提案によって、「国と地方の税制を考える会」(宮城や岩手、秋田など10の県知事と10の市町長)のプロジェクトでスタートしたもので、現在まで自治体では進んでいるところが数多くあります。

一方国では、去年、自民党の河野太郎氏らが中心となって初めて文科省の事業仕分けが行われたのですが、残念ながら、インパクトは薄いものでした。
野党時代の私たちも、去年の暮れから各省庁の事業仕分けの「プレ作業」を行い、私もそのメンバーとなって作業に当たりました。そして、その結果を元に、無駄を指摘し、夏の総選挙に臨んだのでした。

そして果たした政権交代。
鳩山内閣が、いよいよ本格的に、衆目を集めるなか、この作業を行いました。
作業が始まると様々な意見が噴出しましたが、それでいい。それこそが、つまり、多くの皆さんに限られた予算をどう使うべきか問題提起できたということこそが、重要な目的の一つでした。

あだ花を摘み新しい花を咲かせ実をつけさせるためには、相当の苦労は避けて通れないと覚悟しています。
年末の予算編成までまだまだ曲折はあるでしょうが、ぜひ、注目していただきたいと思います。

ところで、余談ですが、小型の辞書には6万語から8万語の言葉が掲載されています。
たいていの日本人は、この辞書の6万から8万語をすべて知っているわけではありません。
成人でも5万語前後の理解に留まると言われています。
(表現語となると、もっと少なくなるでしょう。)
さて、「事業仕分け」という言葉、小型の辞書には載っていないようですが、流行語大賞に選ばれたなら、掲載されるのではないでしょうか。小さな子どもでも「知っている」言葉として認知されるまでになったのですから。

いや、それよりも、私が理事を務める「決算行政監視委員会」が、委員会の本来の機能を果たしていれば、こうした仕分け作業も必要はないのですが、残念ながら、これまで委員会が十分に機能してこなかったことの裏返しです。
政権交代で、この委員会の機能強化が重要であることを改めて認識し、これまでにない議論の場にしていこう、そう肝に命じるこの頃です。


  • 民主党東北地方自治体議員フォーラムin山形に参加

  • 元ドイツ連邦議会議員ヴェラ・レングスフェルトさんと対談

2009年11月02日(月)

臨時国会始動

<戦後行政の大掃除>

鳩山総理大臣の所信表明演説、それに対する代表質問、そして、予算委員会と、政権交代後の本格的な国会論戦が始動しました。

所信表明では「戦後行政の大掃除を行う」と鳩山総理が力強く宣言、感慨深い演説でした。

皆さま方とお約束した政策を実現するためには、新しく設けられた国家戦略局も重要な役割を果たさなければなりません。
新しい時代の国家ビジョンを練るところとして充分に機能するよう今後、体制固めを急がなければならないでしょう。
菅副総理・国家戦略担当大臣も力の見せどころ、私たち政府外議員も大いに意見具申をしたいと思っています。

<国民目線の政治を共につくる>

「新しい政治」を作っていくのはなかなかに難しい作業ではありますが、アニメの殿堂をはじめとした無駄使いを徹底的に排除しながら、「コンクリートから人へ」の理念のもと、予算の使い方、税制の見直しに取り組んでいるところです。

ところで、2期目、私の国会での仕事の場は、これまでの4年間、とりわけ強い思いを持って議論を重ねてきた厚生労働委員会と、決算行政監視委員会の二つの常任委員会となりました。決算行政監視委員会では理事をつとめます。
厚生労働委員会は、年金や医療、介護、労働問題…失業者が363万人という厳しい雇用環境や、新型インフルエンザの問題など待ったなしの課題が山積。
また、決算行政監視委員会は、各省庁の予算の使い道、行政そのものが適正に行われているかどうかを厳しくチェックして行かねばなりません。
いずれも、幅広い専門性とスピードが要求される責任の重い仕事ですが、しっかりと取り組む決意です。

国民目線の政治・行政に変える。特に、生きる力の弱い皆さんに寄り添うやさしい政治を造り上げるために共に頑張ってまいりましょう。

<誰もが安心して生活をするために>

臨時国会開会早々、感動的なことがありました。
しょうがいしゃ自立支援法に反対し毎年日比谷公園で開かれていたしょうがいしゃフォーラム、今年も10月30日、全国から1万人近い皆さんが集いました。
しかし、例年との大きな違い、「さよなら障害者自立支援法!つくろう!私たちの新法を!」のタイトルもさることながら、初めて政府から長妻厚生労働大臣が出席、「一期4年の間に自立支援法を廃止し、みなさんの意見を十分に聞きながら新法を制定したい」と述べたこと。
その前日には、同じ日比谷公園で、全国ユニオン・派遣法集会が開かれ、2500人の皆さんが結集、皆さんとともに派遣法の抜本改正に向け、これまた福島大臣はじめ与党議員が参加。
この年末、また、年越し派遣村のようなことが起きないようしっかリ取組み、またハローワークで、仕事・生活資金・住宅など、ワンストップサービスを実施することになりました。
自己責任や自助努力ばかりが求められ、これまで政府がないがしろにしてきたセーフティネットをしっかり張り巡らせるための政策変更です。

まさに、この政権は、日比谷に集まった当事者の皆さんはじめ多くの国民の皆さんが自ら作り出してくださった政権である、と実感した瞬間でした。

<今国会中に議員立法で肝炎対策>

また、ウイルス性肝炎の医療体制整備や患者支援を柱とした「肝炎対策法案」をこの臨時国会中に成立を目指すことになりました。
国内のウイルス性肝炎患者は推計約350万人。
薬害C型肝炎や予防接種によるB型肝炎感染を起こした国の責任を明記する方向で現在検討中です。
議員に委ねられる大きな仕事である議員立法を、一時は制限する旨が報じられましたが、必要なものは議論を重ね作業を進めることも付け加えさせていただきます。

今後とも、皆さま方からご意見をお寄せいただきたいと思います。そして、郡和子に対する更なるお力添えをお願いいたします!


  • 福田えりこ衆議院議員を迎え、旧佐々重ビル前で街宣

  • リウマチ友の会宮城県支部の医療講演会でご挨拶

コラムカレンダー

  • 11

    << November. 2009 >>

    S M T W T F S
    « 10月   12月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 月別アーカイブ