郡和子のコラム

2010年05月29日(土)

正念場

「怒」のプラカードの中で、苦渋の選択をせざるを得なかった鳩山内閣。
政権パートナーの社民党の福島大臣の罷免につながったことも残念でなりません。
この事態を受けさらに鳩山内閣、民主党に対し厳しい世論になるのは避けられないでしょう。

しかし、基地の島沖縄の問題を、そして日米関係・安全保障問題を、どのように日本に住まう一人ひとりとして考えるか、この数カ月、鳩山総理なりに皆さんに問題提起し努力いただいたことは間違いありません。

沖縄のためにと言いながら「アメリカ」「選挙」に力点がおかれていたのではなかったかとの批判もありますが、すでに「決着済み」として普天間問題を沖縄に皆さんに押し付けて国民的な議論の俎上にすらあげなかった政権とは違うことを、私は、とても大きな意味を持つものと思っています。
つまり、これも政権交代の確実な成果だろうということです。

発言の結果責任は問われるでしょう。
確かに、大きな期待を沖縄のみなさんに抱かせ、結果的にそれに応えることができなかったのですから、総理の会見でのお詫びは当然のことだったと思います。
しかし、国民のみなさんに「日米同盟は必要だが、安保の負担は自分のところでは負いたくない」という意識があるかぎり、この問題の解決は難しいのであって、その意味では、総理だけの結果責任ではないのではないかとも思えるのです。

今後もアメリカとは丁寧な議論を重ねることが重要です。
オバマ大統領が新たに27日発表した国家安保戦略で、ブッシュ政権が打ち出した先制攻撃論を一転させ「武力行使の前にあらゆる手段を尽くす」国際協調を重視する姿勢を明確にしたわけで、その中での米軍基地の持つ意味を、腹を割って両政府に議論を続けていってほしいと思います。

終盤国会では、重要法案の成立に向け与野党の攻防も激しさを増しています。
参議院選挙を控え会期延長はしないことが決まっており、限られた時間の中で、何を成立させ何を諦めるか、厳しい判断を迫られています。
いよいよ政府も与党としても正念場を迎えます。

最後に、これまで旧政権下で出来なかったことを確実に進めている、たとえば、政策議論の公開・開放、事業仕訳や長年の課題である戦後補償への取り組み、等々、この流れを戻してはならない、その強い信念で力を振り絞っていく覚悟です。


2010年05月02日(日)

マニフェストタウンミーティングを終えて

民主党2010マニフェストへのご意見を伺うタウンミーティングを開催しました。
ご協力をいただいた皆様に感謝申し上げます。

タウンミーティングでいただいたご意見の中から一部をご紹介します。
たとえば「子ども手当」について。
来年の本格実施に伴い、
①本当に子どもの成長に資するよう使われるのか?
②なぜ所得制限がないのか?
③財政は本当に大丈夫なのか?という疑問が残る、など…。
皆さんはいかが思われるでしょうか。

実はこども手当の満額支給でようやくOECD平均並みになります。
それほど、いままで子どもへの現金支援がこの国は貧弱だったということです。
この制度は社会全体でひとりひとりの子どもを育てるという理念であり、スウェーデンモデルと言われ各国が採用した制度は所得制限を設けてはいません。
すべての所得補足の難しさもさることながら、たとえば同じ収入でも扶養する家族の人数で生活レベルは違ってきます。その場合にどのような対応が可能なのか、など、テクニカルな問題も出てきます。

国民幸福度を優先する新たな成長戦略で税収のアップを図り、徹底的な無駄排除を行うことはもちろんですが、財源が足りなければ政策の優先順位を示してご理解をいただかなくてはならないかもしれません。

ところで、無駄の切り込み、実は特別会計についての検証作業も現在進行中です。
ご承知のように、特別会計は一般会計と比べ、実務的にも政治的にも十分なチェックが行われておらず、各省の「隠れた財布」として無駄の温床になりがちです。
この無駄を洗い出し過大・不要な積立金等があればこれを一般会計に繰り入れ借金の圧縮・返済に充てるなど財政の健全化に努めたいと考えています。
事業仕訳ほど注目が集まりませんが、私もメンバーとして作業を進めているところです。
まだ切り込める、そう確信しています。

さて、タウンミーティングでいただいたさまざまなご意見は、いま、マニフェストとりまとめの研究会で分野ごと議論を行っています。今月末には最終版を企画委員会でまとめ発表できるものと思います。

いずれにしろ、旧政権下の誤った政策で日本が分断され力を失ったことを学び反省し、国民のための政治、生活第一の政治を後戻りさせないために、国民のみなさんとの約束「マニフェスト」を掲げ、この夏の参院選も戦います。
真の政権交代を実現させて安心できる日本の再建のため力を尽くすつもりです。


コラムカレンダー

  • 5

    << May. 2010 >>

    S M T W T F S
    « 4月   6月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 月別アーカイブ