郡和子のコラム

2012年12月31日(月)

2012年 年の瀬に

2012年が暮れようとしています。
今年一年、お力添えをいただいた皆さんに、改めて感謝いたします。

年の瀬の選挙戦で、民主党のこの間の政権運営についてお叱りをいただいたこと、そうした中にあっも励まし温かいお声がけもいただき貴重な1議席をお預かりしました。

小さくなった民主党ですが、もう一度、国家国民に役立つ政党として、期待される政党として生まれ変わるために、力を尽くす所存です。

立場は変わりましたが、復興へかける思いは変わりありません。
まだまだやりたいこと、やらなくてはならないことがあり、それを残しての交代は正直残念でしたし、言葉を選ばず言えば、悔しい思いがあるのも事実です。
平野前大臣が一番そうした思いが強かったのではないでしょうか。
災害危険区域から外れた被災世帯に対する独自支援が自治体でまちまちで格差があることに関しても、特別交付税を積むという方針を選挙前に示しましたが、それがどう引き継がれるか、など、しっかり見ていきたいと思います。
後押しするべきは最大限協力し、注文も付けていきたいと思います。

原子力発電について、30年代にゼロを目指すという私たちの方向性について、さっそく転換の方針が示されました。
安倍総理が福島を視察された後すぐの発言でしたから、何ともやるせない、情けない思いです。
また国家戦略会議や行政刷新会議を廃止されました。
高校授業料の無償化や農家の戸別補償も見直す方向だそうで、これらについて、しっかり対応したいと思います。

自民党との政策や理念の違いを丁寧にご説明し、政権を再び委ねていただける政党としての再生を計りつつ、人口減少超高齢社会の日本を、確実に幸福度の高い国として持続的な成長産業を育成し安心安全を構築できるよう頑張ってまいります。

どうぞ、皆さま、良いお年をお迎えください。
この一年に感謝をこめて。


2012年12月03日(月)

私の決意

 長期にわたるデフレ不況、歴史的大震災の甚大な被害、深刻な原発事故、少子超高齢化の進行、予断を許さない欧州経済危機、台頭する排外主義など、内外の難題が山積しています。
政治は、中長期のビジョンを示し、これらの課題に対して真正面から立ち向かい、産業構造や社会保障など、社会全体の構造改革を断行しなければなりません。
時には国民に負担や痛みの分かち合いを求めなければなりません。
しかし、政治が、目先の党利党略から改革の取組みを先送りして、次世代にツケを回わすポピュリズムの政治手法に陥っています。
 
 経済のグローバル化、金融の自由化、少子高齢化によって、先進国では多かれ少なかれ、高度成長を前提とした社会保障制度などの社会・経済システムを維持していくことは難しくなっています。
この歴史的危機を乗り超えるために、内需を生み出し安定成長を支える健全な中間層が不可欠です。
行き過ぎた金融主導の経済、労働力の質・量の低下、労働分配率の低減、資源エネルギーの高騰などを是正する諸改革を通じて、分厚い中間層を再生し、デフレ脱却と持続可能な新しい経済社会モデルを展望します。

 私は、歴史的な政権交代を経て、政権与党の一員として責任の重みを実感いたしました。
震災復興の担当政務官として宮城県を中心に復興事業に携わり、微力ながら懸命に被災者のご要望を国政に繋いでまいりました。
これまでの復興事業が適時、適切かつ十分であったとは必ずしも言えませんが、今日まで積み上げてきた経験を糧として、未だ途上にある復興を引き続き全力で前に進めて、一日も早く明日への希望を確かな現実にしていきたい。
そして、震災復興を通じて新しい日本再生のモデルを紡ぎ出して行きたい。
この思いから、今回、立候補を表明いたしました。


コラムカレンダー

  • 12

    << December. 2012 >>

    S M T W T F S
    « 11月   1月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 月別アーカイブ