郡和子の日記

2005年08月03日(水)

2005年8月3日の日記

今朝も霧が出ています。我が家は高台にあって、遠くは白、よく見えません。

でも、洗濯機を回しました。夕べ、仙台スタジアムで汗まみれになったベガのレプリカユニホームだのなんだの、洗濯物が山のよう。日中晴れることを祈ってスイッチを押したところです。

 ところで、選挙に出ないかと言われ、今、これまでの私の人生と向き合っていろんなことを考えているところです。

 生活への思い、社会への思い、そして政治への願い、それは政治家ならずともみんなも持っているように、私にもある。

 うちにも娘がいるけれど、フリーター213万人、ニート64万人、これでいいんだろうかと思う。収入の手取りは減る一方、国や地方の借金は1000兆円、結婚できない、子どもを産めない・産みたくない、老後は暮らしていけるのか、将来への不安ばかりが増幅され、それこそ、洗濯機の中にほうり込んで、頑固な汚れを綺麗にしてあげなくちゃいけないと思える官僚・政治家先生もいる。

 洗濯機の回る音を聞きながら、私に何が出来るか、整理しながら考え、答えを出そうと思います。

洗濯機の音、愚案・愚案と聞こえるのが、少し悔しい…。


日記カレンダー

  • 8

    << August. 2005 >>

    S M T W T F S
    « 7月   9月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 月別アーカイブ