郡和子の日記

2006年03月05日(日)

2006年3月5日の日記

街頭活動をさせていただきました。
正午から一時間をちょっと、
仙台市中心部一番町フォーラス前でマイクを握りました。
毎月第一日曜日の宮城1区総支部としての活動です。

まず、永田議員のメールの問題でのお詫びをし、今、私たち民主党の課題について率直に思うことを述べさせていただきました。

実は今回の街頭活動について、一区の所属議員の皆さんに意見を聞きました。
やるべき、見送るべき、様々でした。
無理もありません。国会の混乱振りは、来春の統一地方選挙にも影響します。
直近の全国の自治体選挙、自治体議員補欠選挙も、民主党は大変厳しい状況です。

しかし、やはり説明責任を果たすべきとの思いで、街頭に立たせていただきました。

市議会議員の岡本あき子さんもマイクを握り、仙台の課題を詳細に話しました。

もちろん私も、国会のあるべき姿を、そして、民主党の使命を話させていただきました。

皆さんに励まされ、実は泣けてきそうでした。
「応援してるんだから頑張って」、「期待してるよ」、とのお励まし、心のそこからありがたかったです。

襟をただし、2大政党として政権を担える政党として信頼に足る「大人の政党」に再生を図ってまいります。

明日の朝は私個人の恒例の朝街頭、北仙台駅前で7時半からです。

今日は明日の日程、その他事務打ち合わせをして、夕方自宅に戻りました。
今日、フォーラス前でお励まし下さった皆さん、本当にありがとうございました。

頑張ってまいります。


  • 一番町フォーラス前で街頭活動

  • 岡本あき子市議会議員と

日記カレンダー

  • 月別アーカイブ