郡和子の日記

2006年03月25日(土)

2006年3月25日の日記

雲ひとつない青空。

ベガルタ仙台のホームゲーム観戦。途中で抜けたが3対1で今シーズンからJ2参戦の愛媛に競り勝った。
勝ちには勝ったが、あまり出来のいい試合ではなかった。

事務所に戻り医療の現場の話を聞く。
今回の政府の改訂をどう評価し問題点がどこにあるのか伺った。

夜、今野東さんの後援会の会合に出させていただく。

ところで、富山県射水市民病院で呼吸器をはずし7人が死亡していた、と、新聞に報じられた。
担当外科部長が延命治療の中止をさせたという。
今日の病院の会見のニュースを見ていないので詳しいことは分からないが、終末期、呼吸器をつける段階でも本人・家族の意思を聞くのも重要であり、そのための説明も欠かせない。そして延命措置をはずす場合ももちろん、説明を欠かせないし、本人・家族の意思を尊重しなければならない。当たり前のことではある。が、人の死が、本来、本人の尊厳が守られ家族の見守りのなかで厳かに自然に進んでいくものであるべきなのに、病院の医療のものになって、本人や家族から実は離れていったという側面もある。
今回の医療制度改革では、在宅での看取りに大きくシフトする案が示されているのだが、「死」をどう考えるか…。今回の件が突きつけるのは、医療現場、法、何より私たちの「死生観」のコンセンサスが、この国にはない、ということのように思う。


  • 今年からユアテックスタジアム仙台になりました

  • 開幕戦より若干サポーターが少なかったけど熱狂的な応援です

2006年03月24日(金)

2006年3月24日の日記

少し遅い朝。
来年から無くなる予定の9時15分のバスに乗り込む。乗車人数は3人。ま、確かに、少ないのではあるが…。

10時。
民間研究機関の方に医療問題について話を聞く。

永田議員が懲罰委員会でメールを取得したフリー記者の名前を公表した。
党の検証委員会も近々、検証結果を発表するのだが…。いずれにしても、このことで予算審議もまた重要法案もおざなりになっては国民の利益につながらない。

代議士会・本会議。

厚労省からレク、厚生労働委員の打ち合わせ。連日資料ばかりが山のように増えていく。整理が下手で、肝心のときにその資料が出てこなかったりする。重ねてるだけじゃ駄目だと分かっているけど、なかなか改善されない。ったく困っちゃうのだ。

夜、仙台へ。
駅を出ると外の風は冷たい。
仙台の桜はまだまだ先だ。


2006年03月23日(木)

2006年3月23日の日記

東ティモールからマリ・アルカティリ首相が来日している。
国会内の超党派の東ティモール議員連盟でマリ首相のお話を伺った。
議連の代表は江田五月氏、顧問は河野洋平氏、羽田孜氏、そして事務局長は岡崎トミ子参議院議員。岡崎さんは東ティモールでの日本軍による性的暴力の謝罪・補償を求めて長く活動を続けてもいる。
現在、駐日大使館設置へ向けての運動も盛んだ。
2002年5月に独立した後、現在まで、騒乱時に破壊されたインフラ整備や教育がどれだけ進み、今後の課題は何かを詳しく聞いた。

代議士会・本会議。
行政改革推進関連法案についての趣旨説明・質問のほかに、8つの法案・改正案の採決。

お昼を食べそこね、15時過ぎに簡単にお稲荷をほおばる。

夕方小児医療の作業チームで民主党提出予定の法案について打ち合わせ。

衆参の東北ブロック議員会議。

事務所で役所からの説明を受けたり資料を確認したり、今日も結構忙しかった。
夜は、2回生の若手議員と一緒に焼肉コンパ。参考になる話が多い。みんな選挙をそうして戦っているのか、と、勉強する。


  • 東ティモール議連

前のページに移動する

次のページに移動する

日記カレンダー

  • 月別アーカイブ