郡和子の日記

2019年03月24日(日)

2019年3月24日の日記

フィギュアスケート世界選手権大会。
凄い闘いでした。羽生選手とネーサン・チェン選手の闘いに胸が熱くなりました。

羽生結弦さんの2位は残念でしたが、足首の怪我を乗り越えての素晴らしいフリーの演技でした。
羽生選手は次のステージに向けた並々ならぬ決意を言葉にされていました。これまた凄いです。
 

それから、今日日中は、マイナビベガルタ仙台レディースのホーム開幕戦でした。
試合は、強豪INAC神戸に0-0の引き分けでした。

また、仙台ジュニアオーケストラのスプリングコンサートと卒団式。
素晴らしい演奏で楽しませてくれました。


2019年03月21日(木)

2019年3月21日の日記

春の彼岸の中日です。

墓参りを済ませ、午後は、楽天ボールパークでのイベントでご挨拶を。

楽天球団さんと一緒にITとスポーツを掛け合わせた「エンターテックアイデアソン」と銘打ったイベントを開催し、2月に採択された3つのチームによる、ITの技術をいかした新しいスポーツを楽しむ事業についての発表がありました。

“ファンをワクワク!させるスタジアムソリューション”と、“まちをワクワク!させるコラボレーション”というテーマです。

アイデアソンで選出されたアイデアは、その後のインキュベーションを経て、楽天生命パーク宮城で開催される楽天イーグルスの一軍公式戦や、仙台市のスポットで実証実験を進めます。

仙台市は、さまざまな産業×IT(X-TECH)で、新しい事業の創出、それをリードする人材の育成・交流で、次々イノベーションを生み出す、X-TECHイノベーション都市を目指しています!

3つのチームの発表に、感心!未来を感じました。


2019年03月16日(土)

2019年3月16日の日記

311「伝える/備える」次世代塾の第二期の修了式があり、この一年、震災伝承.防災啓発のリーダー養成講座を受講したみなさんに私から修了証書を授与致しました。

この次世代塾は、河北新報さん、東北福祉大学さん、そして仙台市が連携し、東日本大震災を経験した私たちが、未来の大災害に備え、あの経験と知見と教訓を若い皆さんに繋いでいくために開催しているもので、今日、二期生を送り出すことができました。

修了生代表の答辞はとても心強い頼もしいものでした。

塾に関わっていただいたすべての方々に改めて感謝申し上げます。

また、仙台市職員の有志で作られたTeam Sendai の「あれから8年イベント」が開催され、災害時対応について全国の自治体職員や、弁護士さん、NPO の皆さん等に参加頂きました。

多くの方々に実感を伴った伝承方法で教訓を伝えていくことの大切さを私自身も改めて心に刻みました。


前のページに移動する

次のページに移動する

日記カレンダー

  • 3

    << March. 2019 >>

    S M T W T F S
    « 2月   4月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 月別アーカイブ