郡和子の日記

2018年12月03日(月)

2018年12月3日の日記

午前、いじめ問題等調査特別委員会で、第一回定例会にお示しする予定の条例案の方向性について議論致しました。 アゼルバイジャンの駐日大使がおいでになり、また、韓国光州広域市の高校生が表敬訪問に。 明成高校との交流が図られています。 それから連合宮城の皆さんからの政策要請などを頂き意見交換を致しました。 また、今日からインドネシアの首都ジャカルタで建設されている地下鉄の職員が、仙台市地下鉄で研修を始めました。 嬉しいことです。


2018年12月01日(土)

2018年12月1日の日記

今日から師走です。 北海道の白老町から戸田安彦町長さんが市役所にご挨拶に見えました。 今年9月の北海道胆振東部地震の際の仙台から支援に対し御礼をと訪ねてくださったのです。 白老町には、発災直後ペットボトルの水やレトルトカレーなどを送り、ニーズを調査するために職員を派遣しました。 仙台市と白老町は、江戸時代末期に仙台藩が白老の地の警備にあたったことなど歴史的な関係を背景に、1981年に歴史姉妹都市となっています。 また、青葉区の片平丁小学校と白老小学校とは、姉妹都市提携前からお互いに交流校として子ども達が行き来をしています。 また今日と明日、アリオ仙台泉でアイヌフェスティバルが開催されています。 2020年4月、北海道白老町に「民族共生象徴空間」がオープンするのに先立ち 皆さんにアイヌへの理解を深めてもらおうと、町長さんもこのフェスでお話しなさるのだそうです。 「国立アイヌ民族博物館」とアイヌ古式舞踊観覧やアイヌ文化を体験できる施設「国立民族共生公園」など、アイヌ文化のナショナルセンターだそうで、地震からの復興へも大きな期待が寄せられています。 G20が開催されている中、ジョージ・ブッシュ元大統領が亡くなったとのニュース、あの時代も世界が激動した時代でしたが、今アルゼンチンに集まっている皆さんも新たな緊迫した時代に世界のリーダーとして何をしていくのか、私は強いリーダーシップと言うより調整力に注目しています。


2018年11月30日(金)

2018年11月30日の日記

今日は、東京国立博物館で、外務省、国連国際防災戦略事務局、東アジア・ASEAN経済研究センター主催による「第2回世界津波博物館会議」が開かれ、私も出席して仙台の取り組みを発表しました。

日本からは奥尻島の取り組みも、また、インドネシア、中国、チリの津波・地震博物館の取り組みなどが発表されました。

そしてパネルディスカッションでは、災害を風化させないために博物館や行政が果たすべき役割や課題について議論を行いました。

良い機会をいただきました。

その後仙台に戻り、打ち合わせの後若林区の町内会長さんの研修会懇談会に伺いまいた。

この間、各区の町内会長さんの研修会が行われ、すべての区の町内会長さんらの研修会懇談会に伺わせていただきました。

会長さんらのお働きに深く敬意を表し感謝申し上げます



前のページに移動する

次のページに移動する

日記カレンダー

  • 12

    << December. 2018

    S M T W T F S
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 月別アーカイブ