郡和子の日記

2018年02月20日(火)

2018年2月20日の日記

残る3会派の代表質疑。

今日で代表質疑を終えました。

厳しいご指摘もありましたが、まずは、市民の皆さまとお約束をした公約の優先順位を私なりに判断し編成した通年予算です。

明日から一般質問に移り、その後予算についての特別委員会でしっかりご議論いただきます。

 

それから、将棋の中学生棋士、藤井聡太5段が、史上最年少の15歳6カ月で公式棋戦優勝をはたし6段に昇段したことにも、若い力に大きな刺激を頂きました。

歴史的記録を次々と塗り替える藤井聡太さん、どこまで強くなるのか、ワクワクします。

少しでも先々を見通す力、一寸先は闇と言われる政治の世界でもまねできるところはあるかしら?などと、藤井6段の思考回路を研究したい気持ちに駆られます。

あ、これはどのような世界でもですよね、きっと。


2018年02月19日(月)

2018年2月19日の日記

市議会本会議、各会派の代表質問が始まりました。

今日は、3会派の代表質問にお答え致しました。

また、羽生選手の功績を市民の皆さんと一緒にたたえ仙台市としてパレード、賛辞の盾、そしてもう一つ祝いを考えたいと思います。

 

「いじめ問題再調査委員会」の先週末第6回の会合の議事が打ち切りになりました。

一体何があったのか、改めて再度の調査を、公平・公正、そして、冷静に進めて頂く委員会です。

速やかに調査が進められるよう委員長の説明を待って対応致します。


2018年02月18日(日)

2018年2月18日の日記

明日は24節気の雨水ですが、まだまだ厳しい寒さですね。

ピョンチャンオリンピックは、今日も、小平選手が金メダルを獲得する等、嬉しいニュースが続いていて、勇気と感動を頂いています。

一夜明けた羽生選手のインタビューは、彼の凄さを更に強く認識させられるものでした。

 

ところで知的障害者や精神障害者への強制不妊手術を認めた旧優生保護法の下で行われた「優生手術」の問題、宮城県で記録が残る男女859人のうち、未成年者が半数超の52%を占めていたことが判ったということです。

最年少は女児が9歳、男児が10歳、と、毎日新聞に報じられていました。

この問題では、宮城県議会も動きがあるようですが、国会でも国家賠償訴訟によって救済につながったハンセン病問題などを参考に、議員立法を通じた政治的解決をとの動きが活発化しそうです。

自民党の尾辻秀久元厚生労働大臣が議連の会長に就く予定だとも報じられています。

私自身も思いが深くあります、是非、解決につなげて頂きたいと思います。


前のページに移動する

次のページに移動する

日記カレンダー

  • 2

    << February. 2018

    S M T W T F S
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
  • 月別アーカイブ