郡和子の日記

2019年01月01日(火)

2019年1月1日の日記

新年あけましておめでとうございます。

お健やかにお正月をお迎えのことと思います。

今年の元日はのんびりさせて頂いています。

平成も31年、ことし5月には元号が変わります。

今上天皇陛下は昨年のお誕生日に「平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに、心から安堵しています」と記者会見で述べられました。

とても重いお言葉です。

そして、今日元日の朝日新聞の一面のトップは昭和天皇の直筆原稿が見つかり、戦争や地方訪問などを詠んだ晩年の歌の推敲の跡もとの記事を掲載しています。

様々なことを思い起こしながら読ませていただきました。

新しい年、新しい時代の幕開けに、改めて私自身の務めを心に刻み静かな時を持ちました。

それから、この年末年始、各交通機関、病院、消防、ガス、警察など、休みなく働いている皆さんに心から感謝致します。


2018年12月31日(月)

2018年12月31日の日記

平成最後の大晦日を迎えました。

今年を振り返りますと、やはり、自然災害の多い一年で、今もご不自由な思いをなさっている被災者の方々がおいでで、あらためて、心からお見舞いを申し上げます。

新しい年は、そうしたことのない一年になるように祈りたいと思います。

仙台市からも災害は発生するたび、被災した姉妹都市を中心に、支援物資を送り、応援職員を派遣する等致しました。

被災地の首長さんからは感謝の言葉と職員に対するお褒めの言葉をいただきました。

防災環境都市仙台としての責任感とプライドを感じる活動でもあったと思います。

東日本大震災から8年を迎えますが、仙台の復興を成し遂げることは勿論、震災の経験・教訓を伝え続けること、そして、復興の先の街づくりに、全身全霊で務めて参りたいと思います。

では、皆さま、どうぞ良い年をお迎えください。


2018年12月07日(金)

2018年12月7日の日記

朝、仙台市中央卸売市場を視察。

年末年始の繁忙期、寒さが加わる中をお仕事なさっている皆さんを激励するとともに、入荷状況などについて視察しました。

天候や景気の変動などに大きく影響を受ける市場でもあり、今年もご苦労をされている訳ですが、鮮魚市場には、岩手沖で定置網にかかったという300キロを超えるマグロが入り、活気を感じました。

午後は、総合教育会議で、先日いじめ対策等検討専門家会議から受け取った提言について、またその他本年度の教育行政全般についての評価のご意見を伺いました。

教員の多忙化について35人以下学級についてはご評価いただく意見が複数あったのですが、教師という職業は、自らまた余裕ができれば子どもの為に新たな仕事を作り出すものであり、個人でのコントロールはなかなか難しい、というもの。

確かにそうしたことはあるのでしょう、労務管理について校長がリーダーシップを取るべきとのご意見もあり、考えていかねばならない事と思いました。

ありがとうございました。


前のページに移動する

次のページに移動する

日記カレンダー

  • 2

    << February. 2019

    S M T W T F S
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
  • 月別アーカイブ