郡和子の政策

  • 市民とともに「いのち」を守る。
  • 1.いじめ問題への対応と教育改革
  • 2.被災地支援
  • 3.地域福祉の充実
  • 市民の力で「仙台-みらい-」を創る。
  • 1.地元中小企業・地元雇用を徹底支援
  • 2.市民協働のまちづくり
  • 3.「杜の都」の地域資源と歴史文化を活用したまちづくり

市民とともに「いのち」を守る。

いじめ問題への対応と教育改革

  • 教育長を含む、教育委員会の強化
  • 小、中学校の連携強化(一貫教育も検討)で、不登校への対応、いじめの早期発見につなげる
  • 配慮が必要な児童生徒への個別支援計画の実践
  • 学習サポート、フリースクール等、家庭・地域との連携による子どもの居場所づくり

被災者支援

  • 子どもたちへの長期的「心のケア」「心の復興」
  • 復興公営住宅での孤独死防止策の継続
  • 東部かさ上げ道路・避難道路・圃場の早期完成
  • 民間活力を活かした沿岸部被災跡地の再開発による賑わいづくり

地域福祉の充実

  • 事業所内保育所支援など保育所・児童クラブの待機児童解消と休日保育所の拡充
  • 仙台市立病院に病児病後児保育と性暴力支援センター(仮称)を設置
  • 障がい者差別解消条例の理解促進と障がい者の活動促進
  • 地域包括ケアシステムの強化とICTを活用した医療・介護・見守りの連携と相互扶助の仕組みつ<り
  • 高齢者の元気づくりのためのパークゴルフ場整備

市民の力で「仙みらい台」を創る。

市民の力で「仙台-みらい-」を創る。

  • 事業承継や第二創業・ベンチャー支援の強化
  • リノベーションを利活用した商店街の魅力アップ
  • インバウンドにつながる受け皿整備と国際大会誘致などスポーツ、アニメ、コンテンツ事業の促進
  • 次世代エネルギー・ロボット・ドローン等近未来技術による産業振興
  • 保育士・介護士の処遇改善(家賃補助など)と人材確保

市民協働のまちづくり

  • 地域交通政策など、地域特性を踏まえた課題把握と地縁団体・市民協働による解決型まちづくり
  • 女性・障がい者・多様な人材の活躍促進
  • 災害時の権限移譲など地域主権の推進
  • 「防災減災のまち推進条例」に基づき地域特性に応じた防災活動の促進

「杜の都」の地域資源と歴史文化を活用したまちづくり

  • 「グローバルGAP」など国際認証取得による農産品の付加価値アップと輸出を含めた販路拡大の支援強化
  • 省エネ・ごみの減量など、環境配慮型行動と低炭素社会の実現
  • 定禅寺通りフル活用に向けた環境整備
  • 市役所建て替え、音楽ホールなどの整備は、優先順位と手法の再検証で経費削減

郡和子の政策

7つの重点政策
-誰にでも居場所と出番がある仙台-

  • いじめ調査に「ご遺族が推薦する団体からの委員」を選任することを含め、真相究明に取り組むとともに、未来ある子どもの自死阻止に向けた「いじめ防止条例(仮称)」を策定、再発防止に全力を尽くします。
  • 35人以下学級の実現と副担任増員を含む、一人一人に目が届く教職員体制を強化します。
  • 高等教育で学ぶ学生が仙台に残って<れることを条件とする「仙台版奨学金」の創設を目指します。
  • 地元企業優先発注と地産地消の促進で中小企業・地元雇用を徹底支援するとともに、地域貢献度が高い中小企業を応援する「仙台四方よし企業大賞」を発展させることで、仙台が誇る企業の活力につなげます。
  • 妊娠から出産後の育児までを一括して支援する「仙台版ネウボラ(フインランドの先進的取り組み)」を構築します。
  • 町内会、商店街、NPOなど市民参画による「せんだい協働プラツトフォーム(仮称)」を立ち上げ、地域ごとの課題を「次期基本計画」に反映させます。
  • 青葉山、貞山堀、四ツ谷用水、若林城跡などの伊達文化を中心とする「歴史文化」と仙台が誇る「環境」を最大限活用し、「杜の都・仙台」の魅力アップに取り組みます。

この政策は、郡和子が現時点で感じている
課題をまとめたものです。
今後、様々な立場の皆さま、
多くの団体の皆さま方とお会いする中で、
進化、発展させていきたいと考えております。