郡和子の日記

2016年12月30日(金)

2016年12月30日の日記

今年も残すところあと一日だけになりました。

皆さんにとって今年はどんな年でしたでしょうか。

夏の参議院選挙では、一人区になった宮城選挙区はとりわけ厳しい闘いでしたが、市民の皆さんの力、そして野党の共闘で、政権に一矢報いることが出来ました。

また今年は大きな自然災害が頻発もし、この年末年始も不自由で不安な生活を余儀なくされている方も少なくありません。

一方、東日本大震災から5年9カ月、各地で復興の形が見え始め、嬉しいニュースも多くありました。

民主党から新たに民進党に変わって、新しい仲間と共に、巨大与党に立ち向かう国会でした。

私自身、立法作業も数多く取り組んだ一年だったと思います。

例えば、他の災害にも対応できる復興加速の4つの法案や政治分野のクオータ制の2法案などを衆議院に提出いたしました。

文科委員会では東京オリンピックの問題など、厚生労働委員会では介護や保育、医療、年金、そして復興特別委員会でも政府に提案をしながら質問を重ねました。

しかし、国会全体が、著しく質が低下していることを感ぜずにはいられませんでした。

鼻で笑って野党の質問に答えず、だらだらと長い答弁、失言続きに強行採決…。

来年は、こんな国会を変えられるように頑張ります。

一日早いのですが、皆様、どうぞ良いお年を!

 


2016年12月29日(木)

2016年12月29日の日記

日ごろなかなか家のことが出来ないでいます。

今日は自宅の大掃除。

と言っても、普通の掃除のレベルでしかなくて、手を付けられずに新年を迎えることになる書類の山、部屋もあるなぁと諦めつつでしたが…。

稲田防衛大臣が靖国を参拝しました。

パールハーバーを訪れた翌日の今日です、彼女はやはりそういう人なのね、と率直に思いました。

靖国にはA級戦犯も祭られていて、それこそ軍国主義を美化するとも言われる神社です。

A級戦犯を裁いた東京裁判の不当性を主張する「伝統と創造の会」を自民党有志議員とともに立ち上げた人です。

彼女はこれまでも日本の核武装発言をはじめ、防衛大臣としての適格性に大いに疑問を感じていましたが、昨日の今日、の参拝で、ますます、問題ある大臣であると認識します。

アメリカだけでなくアジア諸国に対しても、失礼な話です。

このような人に日本の防衛を任せていたらどんなことになるのか…。

それを許す政治状況を変えないととの思いを強くする今日でした。


2016年12月28日(水)

2016年12月28日の日記

安倍総理とオバマ大統領の二人がパールハーバーでそろって慰霊を行い、それぞれ演説を行いました。

安倍総理の演説について、私は、アメリカとの和解の強調は過去の惨禍の反省に立って意味があるものと思いますが、しかし、不戦の誓いとは、文脈から対アメリカとのことしか受け止めることができません。

アメリカと一緒になって世界の平和に貢献するという、まさに、集団的自衛権の行使をアメリカとともに行う、日本にとってはこれまでの武力の行使をしないという平和憲法をかなぐり捨てるといっているに等しいと感じました。

それを評価する声ばかりがマスコミから流れることに、私はますます怖さを感じます。

防衛予算がまた大幅に増え、中でも大学などの研究機関を対象にした安全保障技術研究推進制度の費用として、概算要求通りの110億円が盛り込まれたことにも(ちなみに今年度は6億円)、大きな不安を持ちます。

軍・産・学の連携が、本当に日本のためになるのでしょうか…、世界の安定のためになるのでしょうか。

もやもや、まだ言いたいこと沢山あるのですが…。

電通の石井社長が辞任の発表。違法な長時間労働、本気で変えていかねばならないことです。

今日も年末のごあいさつ回り。大掃除のところをお邪魔したり、申し訳ありません。

強い揺れ!

仙台も揺れましたが、茨城で震度6弱、暗い中ですから被害が出ているのかいないのか、なお注意が必要です。


次のページに移動する

日記カレンダー

  • 12

    << December. 2016 >>

    S M T W T F S
    « 11月   1月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 月別アーカイブ

    • LOVE JAPAN 2012 選挙に行こう インターネットを通じた政治献金サービスです。楽天政治 LOVE JAPAN
    • 国民とともに進む。民進党
    • 民進党 民進党宮城県総支部連合会