郡和子の日記

2006年05月31日(水)

2006年5月31日の日記

朝8時、厚生労働部門会議。

本日の委員会は、委員長職権で、社会保険庁の審議ではなくて、他の法案の趣旨説明を10時から行いたいとのお知らせがあったが、理事会でこれを飲めないと抵抗、休憩・待機。
そりゃ当たり前だ、先週、社会保険庁は、土日の全国局長会議の結果を委員会で報告すると答弁していた。すでに新聞でも報じられたように、さらに偽装は広がっており、新たな処分も発表されている、しかし、ほんとのところ、それだけであるのかどうか詳しくは分からない、のに、委員会ではだんまり、くさいものにふたをする形で、次の法案に審議を始めるというのだから、これは普通じゃない。
で、怒りを表明。長い待機が続く。
しかし、その間、貴重な充電の時間でもあった。

午後、宮城県の村井知事はじめ市長さんがたが「地方自治危機突破総決起大会」の後、地方交付税の削減反対の要望を持ってきてくださる。そうなのだ、地方の声は、切実なのだ。確かに承った。

夕方理事から連絡。委員会開催。冒頭、社会保険庁の村瀬長官から「お詫びと報告」があった。が、これまた、詫びてるのかどう思っているのかわかんない内容だった。
会期中にこの問題での集中討議を行う事で合意して、次の法案の趣旨説明。戦傷病者等の妻に対する特別給付金支給法等の改正案など。

それから、「人間の安全保障と法の支配」~ICC(国際刑事裁判所)と日本の役割~と題する、旧ユーゴ戦犯法廷元判事で現法政大学教授の多谷千賀子さんの講演を聞く。
戦争犯罪をどう裁くか…、残念ながら、日本も、そして何よりアメリカもICC条約を批准するメンバーではない。国際刑事裁判所の役割は重要なのに…。

今日も暑い一日で、ビールが美味い!に、違いない。そうそう、健康診断の結果を手にしたの。うふふ、すべての数値が、惚れ惚れするほどいい数字。お祝いのつもりでビールをいただきまーす!


  • 村井知事、市長さんがたとご一緒に

2006年05月30日(火)

2006年5月30日の日記

年金収納率偽装問題で、社会保険庁から週末開かれた局長会議を受けた調査結果について聞く。驚く数字で不適切、違法な処理が行われている。全容解明には程遠い。
マスコミ各社が会の様子を取材。

その後、中野保険事務所を視察。
所長、職員から説明をしてもらう。中野社会保険事務所は、申請を受けず、若年層の77人の年金の免除等の手続きをしていた。何故そういう事態が生じたのか、詳しく説明を求めた。
法を犯していたとの認識はなかったようで、あくまで無年金になる恐れのある人たちへの「親ごごろ」の認識だ。年金のそもそもの制度的な崩壊が、現場の職員に誤った仕事の流れを作り出している。

お昼、事務所に戻り、無年金者の問題について話を伺う。永住する在日コリアンの中に、年金に入りたくてもこの制度から排除されて、無年金のまま苦しい生活を余儀なくされている人もいる。
矛盾だらけの制度が、この国で過ごす人々の年金制度だった…。

石毛前議員が来室。少しの時間、あれこれご示唆いただく。

夜、民主党のパーティ。大勢の方々にご参加いただいた。入り口付近でご挨拶させていただいたが、人垣をかき分けてもご協力いただいた方々になかなかお目にかかれない。すみません。

国会の会期は残りわずか、審議しなくちゃならない法案は、まだまだたくさん。一体どうなるのだろうと、一年生議員にはよく分からないことも多くて、困っちゃう。


2006年05月29日(月)

2006年5月29日の日記

朝、時折雨が落ちてくる。
でも、気にせず、街頭活動。

前市議会議員の村上一彦さん、それに仙台市中心部のゴミ拾いのボランティア活動中の佐藤わか子市議会議員が街頭活動に参加してくださる。

昨夜のやり直し石巻市議会議員の選挙の結果、くろさわ和雄さんは上位当選を果たした。投票率は前回を随分と下回った。天気も悪かったが3年連続の選挙となったことも影響したのかもしれない。でも、良かった良かった。港都市石巻のために力を尽くしていただきたい。

上京。新幹線の中は冷房がききすぎて寒い。毛布をかぶるようにして資料に目を通すうち、うとうとしたり。

難病対策の早期確立を要望する院内集会に参加。全国から多くの支援者団体や当事者団体がたくさんの署名簿を携え国会に来てくださった。集会で挨拶させていただいた。仙台のありのまま舎の皆さんもいらしていたそうだが、残念ながら会場のどこにいらっしゃるのか分からなかった。挨拶できず、すみません。

事務所で打ち合わせ。
今日午前中の日本てんかん協会の請願集会、夕方の国際刑事裁判所の勉強会は、海老原秘書に代理で出席してもらう。私自身は年金のお勉強。

夜は仙谷先生主催の厚生労働委員総括会。なぜか恋愛論・結婚論に発展し、でも、ま、生きること、そして暮らしと深いつながりのある厚生労働委員会の委員には、ふさわしいテーマだった。かも。


  • 名前ののぼりが裏返しよ、と、親切に指摘いただきました。ありがとうございます。

次のページに移動する

日記カレンダー

  • 月別アーカイブ

    • LOVE JAPAN 2012 選挙に行こう インターネットを通じた政治献金サービスです。楽天政治 LOVE JAPAN
    • 国民とともに進む。民進党
    • 民進党 民進党宮城県総支部連合会